close

FEATURE

  • google+

人がモノを考えること。
そのすべてがデザインに繋がっている

小梶この仕事をしていて、ずっとデザインって何だろうと考えてるんです。ある時デザインの対義語を調べてみたらすごく意外な言葉だったんですが、何だと思いますか?

関口デザインって、人が創るモノのイメージがあるので、『ネイチャー(自然)』とかですか?

小梶なるほど、それも一理あるかもしれませんね。
でも正解は『アクシデント』です。言葉としてはかなり意外だと思いませんか? 
「予期してないこと、突発的なこと」。そこに人間の考えや計画が入っていないという言葉です。それに対し『アクシデント』の対義語が『デザイン』だとすると、ものすごくそれは広い意味になるなと思ったんです。

デザインとは、絵を描くとかそういう技能的なことだけじゃなくて、人間が頭を使って、物事をよくするために計画したり設計したり、とにかく考えるという行為の総称です。
“考える”という行為ができるのは人間だけじゃないですか。そうなると人間全員がデザイナーなんだなぁという結論に至ったんです。

関口それは面白い話ですね。

小梶日本では、デザイナーがアーティスティックな職業だとか、特殊な人種と思われ過ぎているんですが、さっきお伝えしたようにデザインとアートは違うものだし、日々「考える」というデザイン作業をみんなが実践しています。だから、クライアントとの打ち合わせでも「デザインは皆が普段からやっている考えるという行為なので皆でデザインをしましょう」というスタンスでミーティングをスタートさせるようにしています。

僕らデザイナーがやらなくてはいけないのは、そのプロジェクトを本当に良いものにするためにみんなでディスカッションし、いろんな人の意見やアイデアを真剣に聞くことです。それでも「ここは専門的な部分なので小梶さんにお願いします」って言われることが多いんですけど、それはうれしいけれど、実はそうじゃなくて、その部分ですら皆で考えた方がいいですよっていつも言っています。

デザイナーはポスターを作るとか、ウェブを作るとか、名刺だけ作るとかっていうところから抜け出さないといけないんです。デザイナー自身がそういう仕事だと思いこんでいるところもあるのですが、もう一度 “デザインってそもそも何なのか”ということをみんなで考え知ることが大切です。

 私はクライアントが言いたいことは何だろうというのをまず探って、それを整理することがデザインの基本姿勢だと思っています。そのためにできるだけ物事をシンプルに考えたいので、買う人やお店で売る人、デザインを目にする人など、いろんな方の立場になってモノを見るようにしていますね。

小梶デザイン作業の基本は客観視と整理整頓です。クライアントが悩んでいる問題点をヒアリングし、客観視した上で必要な要素や不必要なものなどそれぞれをパーツに分けて優先順位をつけてきちんと並べ替えて限りなく正解に近い答えを導き出す。いわゆる整理整頓、掃除をする行為と同じなんです。

関口デザインは整理整頓だと言われてみると、急に身近なものに思えてきますね。デザインと聞くと専門外のような気がして、ついお任せしますと言いがちだけど、デザインに対して僕らにも何かやれることはあるんでしょうか?

小梶自宅の掃除をしましょう(笑)。僕は散らかっている状態とキレイになっている状態は、見た目の問題ではなく、自分の頭の中が整理されているかどうかと一緒だと思っています。いろいろな情報がスムーズに入るように常に頭の中をクリーンな状態にしておきたいと常に思っています。僕が前職で使っていたワークデスクやパソコンのデスクトップ画面やデータ、フォルダ整理は、参考になると言われて今もそのまま残っているほど、いろいろな意味で整理整頓にはすごくこだわっています。

整理整頓をクセづけるとデザインも自然とできてきますよ。デザインの本質は、決してかっこいい絵を描いたり、かっこいい器を作ったりすることではいんです。

ちょっと他とは違う、
力の源らしい個性をもっと表現するべき

関口力の源という会社については、どんなイメージをもっていますか?

小梶力の源は本当に面白い会社です。今の時代はドライにそつなくこなす若者が増えているけれど、そんな中にあって力の源の社員は皆、目が生きているんです。出会う社員のみなさんも本当に一人ひとり個性が違っていて、同じタイプの人がいない。本当に同じ会社の人たちなのかなと(笑)。でもひとつにまとまっているというか、共鳴し合っているように思えます。

僕たちはいろんな会社とお付き合いをさせていただいてますが、これだけいろんな人がいて、でもまとまっている会社というのは本当に稀です。その分、面白いことができる力を持っていると思います。だからお仕事をご一緒させていただいて刺激的だし、想像もしないことを言われたりするので、その感覚をお店に来た人にも感じてほしいんです。先ほども言いましたが、ラーメン業界だけでなく、飲食業界のイメージを間違いなく覆してくれる会社だと思いますね。

そんな力の源の個性と言うか、ちょっと他とは違うよ!いうことを、もっともっと表現するべきだし、そのお手伝いをしていきたいと思っています。

撮影=安澤英輝、文=岡本ジュン